/*アドセンス審査コード削除*/

料理初心者がメスティン炊飯の前に土鍋でご飯を炊く練習

2023-02-15

こちらの記事は料理初心者が炊飯にチャレンジするもっと初心者さんに勇気をおくる記事となっております。

メスティンの存在

40代後半までメスティンの存在を知らなかったのですが、

ようやくメスティンのスゴさと、とんでもないキャンプギアである事がわかってきました。

最近はアウトドアブーム、キャンプブームってこともあり、メスティンで作る料理本なども

本屋さんなどにはけっこうあります。

はっきり言って本屋さんで料理本コーナーで料理本を物色している自分の姿は全く想像していませんでした。

全くの初心者が料理?らしき事を始めてみるとやっぱり面白いです。

そりゃ本能でもある食欲、この食べるモノを作るわけですから楽しいに決まってます。

そこに気付くまでボクはかなりの年月を要しました。

今から始めてみても全く遅いわけがありません。

これはある意味、コロナ禍で外食とお酒に制限がかかってしまった事によっての自然な流れなんでしょう。

初挑戦!土鍋炊飯

「土鍋でご飯を炊く」という動画を見ました。

なぜ、土鍋??という事ですが、

わが家ではもう数年前から電気炊飯器を使わず

土鍋でご飯を炊いているんです。

土鍋

試しにメスティン炊飯の前に土鍋でやってみようと思ったわけです。

もちろん奥さんに教えてもらう予定だったのですが、

タイミングが悪く指導してもらい損ねたので

急遽、YouTubeを確認しましたが、炊くところからのスタートでしたので

まずは米を洗うのですが、流石に米の洗い方は知ってます。

さすがに洗剤入れて泡立てて洗う事はしません。

(実際にそんな人いるらしいですね)

そして水を入れるのですが、困ったことに土鍋は水を計量するメモリはないんです。

計量カップがあったので助かりました。

それこそハンゴウ炊飯とかなら、たしか手のひらを米に付けて手首?まで水入れる。

記憶が薄いですがそんな感じでしたよね。

ここまでは薄い記憶でなんとかできました。

問題はここから。

土鍋炊飯はやはり火加減が命

のようです。

ど素人は火加減がピンきてません。

炊けてなかったらどうしようと「念のため」と思ってしまい、勝手に火加減を強めてみたりとかは危険です。

この「念のため」ってあんまり料理には要らないようです。

指示通りにやらないと、料理は違う方向に行ってしまうのですね。

今回は土鍋で米を炊くだけなんですが、性格の問題で出来上がりが左右される可能性がありそうです。

動画では、

炊き上がりかけるとなにやら音が変わるということで、

音楽でも聴きながら土鍋炊飯と思いきや、ど素人にはその音が変わる瞬間がわからないので

シーンとした中でその音に集中する、なにやらスポーツの試合のように

緊張感がMAXのなか、炊飯を行いました。

動画の中の人は言ってます。火加減と時間が命。

念のため精神が表にでてしまい、時間も「念のためもうちょっと多めにしといた方がいいな」

なんて、勝手に決めてしまうので危ないです。

あくまでも動画通り、見よう見まねで土鍋炊飯をした結果は

なんとなんと

めっちゃうまく炊けてました。

土鍋炊き立て

これはおいしそうです!

このぶんだとメスティン炊飯もサクッと出来てしまいそうです!!

さあ、今度こそ初メスティン炊飯!が、まさかの無知ゆえにえらい事に!